うつ病|うつ病の薬について。

うつ病それは本当に大変な闘いでした。
高校生の子供がうつ病になり2年間で回復した
経験、うつ病の薬などを紹介して行こうと思います。なにか一つでも参考のなれば幸いです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

うつ病の薬 パロキセチン

パロキセチンはうつ病特有の気分が晴れない、落ち込んだり、何もする気になれない、不眠などのうつ病特有症状に処方される薬です。
その他うつ病以外にも摂食障害、過食嘔吐、月経前不快気分障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害など、いろいろな心の不具合に応用されることがあります。

尚服用に関してですが1回10mgから20mgで徐々に増量して行き
40mgを超えない範囲で服用しますが十分に医師に相談して
服用しましょう。

うつ病は早期の発見でかなり治るのが早くなります
まず相談をしましょう。
【関連リンク】
うつ病|うつ病の症状
うつ病|うつ病の型について
うつ病|うつ病の接し方について
うつ病は必ず治ります。家族の力と信頼で治ります。

わずか1分で出来る「心と体の元気回復法」

現役心療内科の先生から推薦の言葉!うつ・悩みがスッキリなくなります。






うつ病 薬について。 | comments(0) | trackbacks(0)

うつ病の薬 「SA4503」とは

うつ病に新薬その効果は。

エーザイは脳神経疾患分野に力を入れており、バイオベンチャーのエムズサイエンスから脳梗塞(こうそく)で起きる機能障害の改善薬の優先交渉権を取得したと発表しました。

エムズサイエンスはどのようなうつ病に効果がある新薬を開発しているのかと言うと
「SA4503」です。

「SA4503」とは神経の再生を促進する事により、機能障害の改善に効果があるとみられている。
この「SA4503」は脳梗塞に伴う機能障害とうつ病の治療薬として、エムズサイエンスが英国やフィンランドなど欧州各国で第二相の臨床試験に取り組んでいる。

 この新薬の「SA4503」は従来のうつ病治療薬と違い、脳内の「シグマ受容体」を通じて機能を改善する仕組み。

「これまでの治療薬が有効でなかった患者にも効果が期待できる」

これから、どんどんうつ病に関しての新薬が出る事により
1人でも多くのうつ病患者を救いたいものだ。

参考記事
NIKKEI NETより
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080312AT1D1203O12032008.html
【関連リンク】
うつ病|うつ病の症状
うつ病|うつ病の型について
うつ病|うつ病の接し方について
うつ病は必ず治ります。家族の力と信頼で治ります。

わずか1分で出来る「心と体の元気回復法」

現役心療内科の先生から推薦の言葉!うつ・悩みがスッキリなくなります。







うつ病 薬について。 | comments(0) | trackbacks(0)